適切なニキビ治療を行う方法

適切なニキビ治療を行う方法

思春期のニキビの原因について

学生時代にニキビで悩み、コンプレックスに感じていたという人もたくさんおられるでしょう。

 

思春期の時期にできるニキビの原因として挙げられることは何でしょうか。

 

体が成長する時期でもある13〜18歳くらいまでは、男性ホルモンが男女問わずたくさん分泌されると言われています。

 

こうした男性ホルモンの活発化によって、毛穴の奥にある皮脂腺部分を刺激するわけです。

 

このことによって皮脂が過剰に分泌され、排出が追い付かず毛穴の詰まりへとつながってしまいます。

 

さらに、毛穴の詰まった部分に休んでいるニキビ菌が活動し始めると思春期ニキビができる結果になるようです。

 

10代にできる思春期ニキビは、思春期が過ぎると気付かない間に治るようです。

 

思春期ニキビを経験したほとんどの人が、男性ホルモンの分泌が少なくなり、気付かないうちに治ってしまいます。

 

ニキビで悩むことは仕方ありませんが、洗顔などを欠かさず行なって、清潔に保つようにしましょう。

 

10代でお化粧し始める人もいるようですが、このこともニキビが顔にできる原因のようです。

 

思春期のニキビは大人になれば出なくなりますが、対策を何もしないというのは間違っています。

 

ニキビの治療をきちんと受けることによって、ニキビ跡が残り肌が凸凹にならないようにすることも不可能ではないといえます。

 

思春期ニキビを治療する点で気をつけるべきことは、ニキビを潰すことはやめることです。

 

潰してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう可能性が非常に高くなります。

 

正しい洗顔と規則正しい生活を送ることは、できてしまった思春期ニキビの治療になるだけではなく、ニキビの予防にもなるのです。

 

まずは、自分の日頃の生活習慣を吟味してみましょう。

 


大人ニキビの原因ついて

ニキビといっても、体が成長する時期に出る思春期のニキビや、思春期を過ぎてからできる大人のニキビといったタイプがあります。

 

この学生でできる思春期ニキビと大人にできるニキビでは、発生原因だけでなく治療の方法も違うため注意する必要があります。

 

様々な大人のニキビの原因があって、体の内側が刺激を受けてしまう場合と体の外側から刺激を受ける場合の2種類があります。

 

内的要因として考えられるのは、睡眠時間が足りていないことや、生活習慣の乱れなどがあり、運動不足や喫煙などが要因の一つとなります。

 

外的な要因としては、洗顔が足りない、または洗顔し過ぎ、紫外線などの影響も大きいといわれています。

 

確実に大人のニキビを治療する方法は、これら様々な要因を解消することが大切です。

 

外的要因の場合は予防しやすいですが、内的な要因を防ぐことは難しいのが現状です。

 

大人ニキビの要因が仕事のストレスだとしても、ストレスのない職場へ移るのは簡単には行なえないでしょう。

 

最初にできることとして、普段の食事の内容や生活習慣を吟味してみましょう。

 

ニキビに効果的だといわれている漢方を取り入れたり、あるいは抗生物質を服用したりすることもお勧めの治療法です。

 

根本的な原因に対して、可能な範囲で自分の力で改めるようにすることが重要なポイントです。

 

思春期を過ぎてからできる大人のニキビの要因というのはみなが同じというのはあり得ません。

 

多くの人に有効なニキビの治療法だからといっても、自分には効果が無い場合も珍しくありません。

 

そういったことから、自分にピッタリの治療法を探しだすことが、最も効果的なニキビ対策だといえるのです。

 

ニキビが大人になってからできてしまったら、気長にニキビと付き合うことが大切で、時間をかけた治療を進めるようにしましょう。

 


関連サイト

ビーグレンニキビ効果なし?トライアル体験中!【写真つき口コミ】
ビーグレンのニキビケアは効果があるのか?大人ニキビやニキビ跡をきれいにできるのか?などなど素朴な疑問に管理人が体を張って体験中! 本当にニキビに効果があるなら購入しても良いかなーという方のための、ニキビの変化の画像や本音の口コミも掲載中です。
www.nikibicare-honne-review.com/bglen/bglennikibi.html



ホーム RSS購読 サイトマップ