bフレッツプロバイダを解約する時にはどうすればいい?

bフレッツプロバイダの解約をするなら、更新月にあたっているか確認しましょう。
現在の料金システムでは、ほとんどがにねん割などの契約期間を約束する形で割引を受けられるようになっています。
ですから、1,000円以下、500円前後といった格安のプロバイダ料金で利用している場合には、契約期間が定められていて、更新月以外の月に解約すると違約金が発生する場合がほとんどです。
もし、解約を検討しているなら、更新月に手続しましょう。
違約金が発生する場合、5,000円程度かかりますし、光回線の解約も重なれば、約10,000円もの違約金がかかってしまうのです。
にねん割からの解約は、更新月に実施しなければ15,000円もの違約金が発生する可能性があるのです。
更新月を確認してから行うようにしたいですね.
プロバイダーの満足できる選び方とは?