ハードすぎる職場が理由で看護師の転職多い?良い求人見つかる?

看護師を辞職したいと思っている人は、実際にすいぶんな数になるようです。
その一番の理由としては、きつすぎる労働で体調が悪くなってしまったり、給与のことで不満に感じていたり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に逃げ場を失ってしまったりというケースが大方です。
病院ごとに看護師の勤務時間が長いこともあるでしょう。
人件費を節約するために看護師を極端に減らして、シフトを組んでいる病院が多いといわれています。
このような病院は看護師の疲労が抜けないため、医療ミスに繋がるというデータがありますし、就職活動のときは確認をしましょう。
看護師の年収は高額だと思われている方もいるのではないでしょうか。
そうは言っても、看護師は夜勤がなければそんなに稼ぐことができなくて、もらえる月給が不十分ということがあります。
ですから、独身の間は夜の勤務がある病院で働いて稼ぎまくって、婚姻後は夜勤をしなくていい病院に再就職する人も多いです。
本来は、看護士も看護師も同じ職業のことを言います。
異なる点はどこかというと、以前は男性を看護士、看護婦は女性のことをいうように性別で分けて名づけていたものです。
今は、男性も女性も一緒に看護師に統合されています。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】