住宅ローン金利変動金利はすぐに上がる?

住宅ローン金利の変動金利は歴史的な低水準と言われていますが、今後はそのように推移するのでしょうか。
変動金利は短期金利と連動しており短期金利は国の政策に直接影響されます。
従って現在の方針で進んでいる限り低金利は続くということです。
変動金利が上がるということは、国が金利による景気対策を方針転換するということですから、おそらく今年来年は無いのではないでしょうか。
しかし、現在の金融政策に不具合が生じたときには、住宅ローン金利があがることも考えられます。
現在はグローバル化が進んでおり、世界のどこかで起こったことが、日本でどのような影響を及ぼすのかも読み切れない状況です。
現在の金融政策を転換せざるを得ない状況がどこで出てくるかはだれも予想は出来ないのです。
ネット銀行の住宅ローンがおすすめな理由は?【低金利で条件が良い!】